就労継続支援A型 記帳代行依頼

就労継続支援A型で真剣に未来を切り開く。就業することはスタートにすぎない。

記帳代行を検討されている皆様へ

最近、AIによる証憑のスキャンサービスを各社が展開していますが、皆様は利用されていますか?
このメッセージを読まれている方は、3種類の方がいらっしゃると思います。

  • 01スキャンサービスを導入したことがない方
  • 02導入したけど、止めた方
  • 03現在も導入されている方
この3種類の方に、提案があります。
3分かかりませんので、
ぜひもう少しだけお付き合いください。
  • 01スキャンサービスを導入したことがない方

    まずはじめに、スキャンサービスを導入したことがない方。
    導入しない理由ってなんだったでしょうか?

    そうなんです。

    AIが何だと言っても、結局導入している事務所はものすごく多く見積もっても、3割にも満たないんじゃないでしょうか。

  • 02スキャンサービスを導入したけど止めた方へ

    次に、導入したけど止めた方。弊社と同じですね。
    弊社EMP税理士法人では、以前スキャンサービスを導入していましたが、今は止めてしまいました。
    理由は、

    「結局コスト削減につながらなかった」

    からです。
    証憑をスキャンしたら、入力の手間が省けるのに、コスト削減にならないってどう言うことでしょうか。
    記帳代行サービスを請け負っている会計事務所は、証憑を受け取ったら、実は仕訳データを作成するだけではなく、それに付随する作業がいっぱいあるんです。

    スキャンサービスは、この中の1つしか税理士事務所・会計事務所に恩恵をもたらしません。
    そのため、結局記帳代行スタッフはやることが減らないんです。

    逆に言うと、スキャンするという手順が逆に発生します。
    証憑は様々な大きさがあり、PDFでスキャンしようにも詰まったり、エラーになったり。

    しかも、当然ですが、仕訳をAIのスキャンサービスに依頼すると、例えば1枚(1仕訳)20円程度のコストがかかります。

    これって、意味ありますか?

    弊社が出した答えが、Noでした。

  • 03スキャンサービスを現在も導入されている方へ

    そして最後に、現在も導入されている方、一度コストを見積もってみて下さい。
    スキャンサービスにかけているコスト分、人件費は削減されましたか?
    もしその答えがYesなのであれば、この先を読み進める必要はないかもしれません。
    Noなのであれば、スキャンサービスって、結局人件費として払うか、業者に外注費として払うかの違いだけってことになりますよね。

    しかし、私たちにはコスト以外にも、シーキューブのサービスを利用すべき理由があります。

会計事務所がシーキューブを
利用すべきさらに3つの理由

ここまで目を通していただいて、ありがとうございます。
ここを読んでいただいているということは、スキャンサービスにある程度満足されているが、さらによいサービスが無いか検討されている、さらにうまく回る仕組みが無いか模索されている税理士事務所・会計事務所の経営者様だと思います。

ここから、コスト削減以外の3つの理由をお伝えしますね。

  • 01
    人材採用面

    まずシーキューブは、障がい者の就労支援事業所(就労継続支援A型事業所)です。
    つまり、障がい者が一般企業への就職を目指し、実務に即した勤務を行っている施設です。
    ということは、あなたがもしシーキューブで記帳代行を利用していて、急に人材が必要になったとき、あなたはいつも依頼しているシーキューブのスタッフを、あなたの事務所の職員として採用できます。
    既に働きぶりのわかる方を採用することができるので安心です。
    しかも、一定の条件を満たすことで支給される助成金もありますので、通常であれば採用には手数料がかかるこの時代に、ある意味お得に従業員を雇用することができます。

  • 02
    障害者雇用率制度

    障がい者雇用促進法43条第1項において、従業員が一定数以上の規模の事業主は、従業員に占める身体障がい者・知的障がい者・精神障がい者の割合を法定雇用率以上にする義務があり、達成していない事業者に対しては行政指導が行われることになっています。
    民間企業の法定雇用率は令和3年以降は2.3%です。つまり、従業員を43.5人以上雇用している事業主は、障がい者を1人以上雇用しなければなりません。 この法定雇用率を達成しようとするときに問題になるのが、「どんな障がい者を雇用すればいいか分からない」と言うことではないでしょうか。 ほとんどの就労継続支援A型事業所では、利用者に「軽作業」を行わせていますが、シーキューブでは、領収書の会計ソフトへの入力をはじめとした、記帳代行を専門的に指導しています。 シーキューブとの関係を通じて、優秀な人材の採用ができ、かつ障がい者雇用率を達成できるとなれば、一石二鳥ですよね。しかし、実は二鳥だけではないんです。

  • 03
    障がい者雇用に関する
    優良な中小事業主に
    対する認定制度

    (もにす認定制度)

    障がい者雇用率が達成し、さらに一定の条件を満たすことができると、この「もにす認定制度」による認定が行われます。
    この認定を受けると、会社のイメージアップを図ることができるだけでなく、融資を受ける際、日本政策金融公庫から「働き方改革推進支援資金」という、低利融資対象となります。
    つまり、イメージアップを図るだけでなく、利息が安くなるんです。
    と、シーキューブを利用して障がい者を雇用した際のメリットは、かなり大きなものがあります。

障がい者を雇うことに不安がある方へ

メリットは十分理解していただいたと思います。
しかし、多くの事業主の方はこう思うのではないでしょうか。

「とはいえ、障がい者を雇うのには不安があるよ…」

その気持ち、ものすごく分かります。
だからこそ、そのお試しとして、シーキューブに記帳代行の仕事を依頼してみませんか?
そして、その仕事ぶりを確認してみて下さい。

EMP税理士法人では、全ての記帳代行業務をシーキューブに発注していますが、トラブルになったことは一度もありません。

逆に仕事ぶりの丁寧さに感心するくらいです。
特に、スキャンサービスを利用している税理士の方、試しにその1部、1社だけで構いません。
シーキューブに任せてみませんか?

よくある質問

対応している会計ソフトはどれですか?
弥生会計、freeeに対応しています(2022年7月現在)
どのような形でデータは納品されますか?
freeeはGoogleスプレッドシートからのAPI連携で自動取込。弥生会計はインポート形式でデータをお送りいたします。
直接会計データを操作することはないので安心です。
納期はどれくらいですか?
7営業日を原則にしています。
証憑のノリ貼りが不要なんですが?
ノリ貼りせず、束ねての納品も可能です。
対応しているのは、現金の領収書だけですか?
2022年07月現在、freeeは現金及び預金、弥生会計は現金の領収書、及び預金の入力を行っています。

お問い合わせ

    お問い合わせ項目
    お名前
    フリガナ
    電話番号
    E-mail
    お問い合わせ内容